土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 腰、膝、ランナーのパーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【正しく歩いているか自分でチェックしてみる。】103

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

最近は太陽が出るのが早くなって、朝が随分明るくなってきましたよね。

 

歩く人もちょこちょこ増え始めています。

 

健康のため、筋力低下のためと言って、歩く人は多いです。

 

最低でも30分、長くて1時間は歩くそうです。

 

それもほぼ毎日。

 

素晴らしいです!

 

ところが、健康のため筋力低下のために歩くことを続けているのに、

 

「膝に痛みがある」、「腰が重くなる」

 

などの声をよく聞きます。

 

健康管理を目的としているのに、歩行運動のウォーキングで足腰を痛めている人が増えているのです。

 

多くの中高年の方々の膝や腰の痛みを引き起こす「変形性膝関節症」や「変型性脊椎症」は歩き方が原因となっている場合があります。

 

健康のため、足腰を鍛えるためだといって、やみくもに歩けばいいわけではありません。

 

歩き方にも正しいフォームがあります。

 

「歩く」と言った簡単そうな動作でも、正しい姿勢で正しく筋肉と関節を使わなくてはいけません。

 

正しいフォームで正しく歩く、正しく筋肉を使うことを身につければ痛みや不調は改善されます。

 

でも、自分が正しく歩けているか、歩けていないかはなかなかチェックできません。

 

歩く姿勢や歩き方を教わることもなかなかありません。

 

なので、自分で正しく歩けているかをチェックできる簡単な方法をご紹介します。

 

普段、履いている靴のソール(靴底)の減り方で正しく歩けているかをチェック出来ます。

 

靴底の減りが明らかに左右違う、外側だけが減っている、内側だけが減っている、など歩く癖が靴底に現れてきます。

 

例えば、踵の減りが左右差ある場合、腹筋が使えないため体軸がずれている。

 

体が傾いて歩いている場合があります。

 

これは腰痛、変型性脊椎症の原因になってきます。

 

外側だけが減っている場合、足がガニ股やオO脚だったりすることがあります。

 

内側だけが減っている場合、膝が内側に入るX脚である、脚を引きずって歩いていることがあります。

 

靴底の内側、外側が減るの場合、変型性膝関節症の原因がとなる場合があります。

 

まずは、自分が正しく歩けているか、普段履いている靴底を見てチェックしてみましょう。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はこちら

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

 

 

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ