土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 姿勢改善専門パーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【腰痛ストレッチは色々】145

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

 

前回、腰痛になり病院やカイロ、整体などに行くと「腹筋を鍛えてください」とよく言われる、といったこと書きました。

 

 

他にもよく言われることとして

 

 

「身体が硬いですね〜、筋肉が硬いですね〜」

 

 

「ストレッチしてください。」

 

 

などがあります。

 

 

私のレッスンを受けているお客様も、以前病院や整体、カイロに行っていた時にはよく言われたそうです。

 

 

腰痛を改善するストレッチは色々な種類があります。

 

 

簡単に分けると、

 

 

★患部の痛みを緩和させるストレッチ

 

 

腰痛の原因となる部位を改善するストレッチ

 

 

となります。

 

 

目的によって行うストレッチが違ってきます。

 

 

患部の痛みを改善するストレッチとして、

 

 

・仰向けになって、両膝を抱える

 

 

・立っている状態からゆっくり前屈をして腰を伸ばす

 

 

などの患部をゆっくり伸ばすストレッチがあります。(これ以外にもたくさんあります。)

 

 

 

腰痛の原因をとなっている部位を伸ばすストレッチとして、

 

 

・横向きに寝て片足の膝を曲げ、つま先を持って腿を伸ばす

 

 

・片膝立ちをして、腿の付け根を伸ばす

 

 

・前屈をして腿裏を伸ばす

 

 

など腰以外の部位を伸ばし、腰に負担をかけないようにするストレッチがあります。(これ以外にもたくさんあります。)

 

 

目的によって、腰を伸ばす場合と、腰以外の部位を伸ばす場合があります。

 

 

また、同じ目的でも一人一人身体の状態や特徴(体型、柔軟性、筋力、バランス力など)によって、行うストレッチも変わってきます。

 

 

身体の硬い人は腰を伸ばそうとしても、腰が伸びる前に他の部位が伸びてします場合があります。

 

 

バランス力の悪い方は、ストレッチをするための片足立ちや片膝立ちが取りにくく、そのポーズが取れないために、適切に伸ばせない場合があります。

 

 

 

腰痛を改善するためのストレッチを色々種類がありますので、自分の姿勢や身体の状態から腰痛の原因を考えみましょう。

 

 

そして、腰の痛みの緩和するためなのか、腰に負担をかけないにようにするためなのか、を考えて自分がやりやすいストレッチを選ぶことです。

 

 

自分の身体に必要な、身体に合ったストレッチをすると想像以上に腰痛は改善されます。

 

 

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はどうぞこちら(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

【腹筋鍛えてください。】144

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

「腹筋を鍛えてください。」

 

 

腰痛で病院や整体、カイロなどの治療院へ行き診察を受けるとDr.や治療家の方に言われるそうです。

 

 

整形外科のリハビリ室でトレーナーをしていた時も、Dr.からの指示で患者さんの"腹筋強化"がよく出ていました。

 

 

今までも、何人もの腰痛になった患者さんとお会い、しカウンセリングをして実感していることがあります。

 

 

それは、腹筋を鍛え、強化していても腰痛になってしまう人が多いと言うことです。

 

 

お腹周りがしっかり格好良く6つに割れほど腹筋を鍛えていても腰痛になる人はいます。

 

 

健康のため、筋力が落ちないようにする為と言って、毎日、腹筋を100回やっている方でも腰痛になります。

 

 

格闘家、ランナー、サッカー選手、ゴルファーなど腹筋トレーニングや体幹トレーニングをしているようなアスリートでも腰痛に悩んでいる方が多いです。

 

 

なぜ、腹筋エクササイズをやっても腹筋がついても腰痛になってしまうかと言いますと

 

 

普段の生活の中で、腰に負担を掛ける姿勢や、歩き方、立ち方をしているからです。

 

 

腹筋をしっかり機能させ日常生活を過ごしていないからです。

 

 

立つ、歩いているときに腰が反っている。

 

 

カバンやお買い物袋を持つと、身体が傾いている。

 

 

サッカーやランニング、ゴルフなどのスポーツをする時、股関節を正しく使えてない。

 

 

いつも猫背でデスクワークをして腰も丸くなっている。

 

 

など、腹筋をいくら鍛えても、日常生活や競技の中で、正しい姿勢と正しい動きができていないと腰に負担がかかり腰痛になります。

 

 

そして、姿勢と動作が正しくないから腹筋が機能しなくもなります。

 

 

腹筋が機能しないから姿勢と動作がさらに悪くなります。

 

 

さらに悪くなるから、さらに腹筋が機能しなくなる。

 

 

悪循環に入ります。

 

 

なので、腹筋を鍛えるならば、何の為に腹筋を鍛えるかを考え、正しい姿勢と動作も一緒に身につけなければいけません。

 

 

正しい姿勢と正しい動作を身につければ、腹筋も一緒に鍛えられてきます。

 

 

例えば、スクワットという、しゃがんで立つ動作のエクササイズがあります。

 

 

正しい姿勢で正しく動くと、実は腹筋も鍛えられています。

 

 

腰痛を改善するならば、

 

腹筋エクササイズをして腹筋を鍛えるだけではなく、

 

解剖学的に正しい姿勢と動作を身につけるようにしましょう。

 

 

そして、鍛えた腹筋がしっかり機能するようにしましょう。

 

 

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はどうぞこちら(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

【そんなに鍛えてどうするの】141

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

「そんなに鍛えてどうするの?」

 

 

お客様が久々に同い年の友達と会った時に言われたそうです。

 

 

お友達の方は全く運動をしていないそうです。

 

 

 

運動をする習慣がない人から見れば、お客様が続けている

 

 

週1回のパーソナルトレーニングと週2回のジョギング(30〜40分)

 

 

この運動の内容は、凄く鍛えている様に見えるのかもしれません。

 

 

最近は、腹筋が6つに割れた筋トレ女子がテレビなどにも出ていますよね。

 

 

パーソナルトレーニングをしていると言うと、ガンガントレーニングをしている、そんなイメージを持たれているのではないかと思います。

 

 

 

私のレッスンでは腹筋を重要視しますが、6つに割れるような激しくガンガン動く筋トレはしません。

 

 

大会などでかっこいいポーズで魅せる筋肉を鍛える筋トレはしません。

 

 

 

慢性的な肩こり首こり、腰痛膝痛などのコリや痛みを改善するための筋トレをします。

 

 

立っている姿勢、仰向けの姿勢をチェックしたり、歩いたり、片足立ちしたり、しゃがんだりして、その動作を分析し、評価して、コリや痛みの原因である筋肉のエクササイズとストレッチを行います。

 

 

その後に正しい姿勢と動作を維持するため、体全体を動かして筋力トレーニングを行います。

 

ダイエットのためのトレーニングや筋肉モリモリになるためのトレーニングはしていません。

 

 

お客様のほとんどが、コリや痛みを改善し、

 

 

「体のことでは悩まないでこの先楽しく過ごしたい!」

 

 

といった目標を持ってトレーニングに励まれています。

 

 

 

先のことを考えず、今を楽しむことが大事

 

 

といった考え方もあると思いますが、

 

 

朝、起きたら腰が痛み、重い

 

 

デスクワークをしたら首肩が張って頭痛がする

 

 

ゴルフをすると次の日、腰が痛い

 

 

山を登っても、下山するのと膝が辛い

 

 

ランニングすると膝が痛くなる

 

 

なんてことがあると、あまり今を楽しめないのでしょうか

 

 

1年後、3年後、5年後、10年後、

 

 

どんな身体で、どんな気持ちで、どんな生活を過ごすかを考えて、今から始めることが大切です。

 

 

過去の自分の行動が今の身体をつくり、今の行動が将来の自分の身体をつくります。

 

 

パーソナルトレーニングはマッチョな筋トレやダイエットばかりではありません。

 

 

あなたの目標にあったパーソナルトレーニングを始めてください。

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はどうぞこちら(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

【3キロ増です。】137

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

「3キロ増です。」と言っても体重ではありません。

 

 

砂の入ったピンクのバッグを持って、筋トレを実施しているお客様がいらっしゃいます。

 

 

肩こり、腰痛を改善するため為のエクササイズを実施しています。

 

 

一つ一つが正しいフォームでできるようになったので、重さを3kg増やしました。

 

 

たかが3kg、されど3kg

 

 

今までの重さから、3キロ増えたピンクのバッグを持つとかなりズシリと感じるそうです。

 

 

エクササイズが終わっての感想は、

 

 

「背中を真っ直ぐにしやすくなった!」

 

 

とのことです。

 

 

重りを3キロ増やしても、しっかり正しい姿勢と動作を維持してエクササイズをしてもらいました。

 

 

重りを外せば体が軽くなり、背中が真っ直ぐになった姿勢を維持しやすくなります。

 

 

背中を真っ直ぐに維持するための筋肉、腹筋、背筋、臀筋がしっかり連動して機能したからですね。

 

 

筋肉を発達させるにあたり、原則があります。

 

 

筋肉を発達させるには負荷を上げるといった原則です。

 

 

「過負荷の原則」と言います。

 

 

同じ負荷でトレーニング続けても、その負荷に体が慣れて効果が減ってきます。

 

 

なので、重さを増やす、エクササイズの種目や回数を変る、などをして筋肉がマンネリ化しないようにします。

 

 

スポーツクラブで同じマシーンを使い続けている、

 

 

同じ重さ(負荷)でエクササイズをずっと続けている、

 

 

運動の効果を感じなくなってきている、

 

 

ならば、種目や重さ回数を見直すといいです。

 

 

見直した途端、筋肉に刺激が入り、姿勢が良くなりますよ!

 

 

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はどうぞこちら(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

【姿勢を良くするための筋トレって何をするのですか?】101

 


 

つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

初めての方に良く聞かれます。

 

「美姿勢筋トレって何をするのですか?」

 

姿勢矯正ですか、

 

体ポキポキならすのですか

 

きついのですか

 

などなど、

 

 

美姿勢筋トレはいたってシンプルです。

 

世の中には様々なトレーニング方法が充満していますね。

 

カーツトレーニング。

 

スロートレーニング

 

ヨガ

 

ピラティス

 

ダイエットトレーニング

 

などなど

 

 

シンプルが3つ、それが美姿勢筋トレ

 

Triple-Bodyの美姿勢筋トレは簡単に説明しますと3つのトレーニングをします。

 

①正しく美しい姿勢に戻すストレッチ

 

②正しく美しくなった姿勢を維持する筋トレ

 

③正しく美しくなった姿勢のまま正しく美しく動く筋トレ

 

シンプルなトレーニングを3つ行います。

 

その際、御客さまのお身体状態や体調によって、

 

①を多く実施することもあれば、②を多く実施することがあります。

 

しかも、筋トレと言いますが、ダンベルやバーベル、鉄アレイなどは使いません。

 

汗ダクダク男臭い筋トレはしません。

 

呼吸やポーズをとったり、チューブを引いたりします。

 

とってもシンプルです。

 

 

 

もう少しだけ詳しく説明すると、

 

①正しく美しい姿勢に戻すストレッチ

 

最初のカウンセリングでチェックした猫背やぽっちゃりお腹、ガニ股、など姿勢不良の原因をとなっている筋肉を伸ばすストレッチです。

 

 

②正しく美しくなった姿勢を維持する筋トレ

 

正しく美しい姿勢に戻すストレッチで、せっかく正しく美しい姿勢に戻っても、その姿勢を筋肉で維持しなければすぐに戻ってしまいます。そのために正しく美しい姿勢を維持するため筋力トレーニングを行います。

 

 

③正しく美しくなった姿勢のまま正しく美しく動く筋トレ

 

正しく美しい姿勢を維持できるように成ったら、正しく美しい姿勢のまま、体を動かして生きます。

 

床から起き上がる、椅子から立つ座る、走る、歩く、その時も姿勢が大事です。

 

それらが正しく美しくできるようにする筋トレをします。

 

立った時に美しい姿勢になっても動きだし途端姿勢が崩れては意味がないですね。

 

正しく美しい姿勢にまま、動くことができないと、筋肉や関節に負担をかけ疲労や痛みになります。

 

 

正しく美しい姿勢で動くことは立派な筋トレになります。

 

これだけでも、立派筋トレになりますね。

 

正しく美しい姿勢にするだけでも筋肉はしっかり使います。

 

そして、その姿勢で動くとなるともっと難しい筋トレになります。

 

Triple-bodyの美姿勢筋トレはこのシンプルな3つのトレーニングを行います。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はこちら

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

ホームページのトップページはこちら

 

【この腹筋いいですね。】86

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

腹筋エクササイズをすると、お客さまによく言われることがあります。

 

「これ良いですね。」

 

「これだけでいいのですか」

 

「こんなポーズでも腹筋に効きますね」

 

「これなら家でもできる」

 

お客様に「腹筋を鍛えます」とご説明しています。

 

ほとんどのお客様が仰向けの状態から体を起こす、上半身をひねるなどの腹筋エクササイズを想像されます。

 

そして、どちらかというと腹筋エクササイズは得意ではなく、

むしろ嫌いな方が多くできるならしたくないと考えています。

 

 

美姿勢づくりには腹筋がちゃんと機能することがとても大事です。

 

腹筋が機能することにより、腰椎、胸椎、骨盤が正しい位置になります。

 

臀部や背部の筋肉が正しく機能し正しい姿勢、美しい姿勢になります。

 

なので、腹筋に効くエクササイズ、腹筋が機能するエクササイズをしっかり実施します。

 

だからと言って、写真のような腹筋エクササイズはしていません。

 

レッスンで行っている腹筋エクササイズは、呼吸に合わせてお腹を膨らませ、凹ませ、息をスーハーします。

 

仰向けのまま、手を伸ばし、足を伸ばします。

 

片膝立ち、片足立ちの不安定な状態で腕を振ります。

 

お客様が想像している、体を起こす、上半身をひねるなどの

腹筋エクササイズはほとんどしません。

 

もちろん、お客様の目的に合わせ必要な場合は実施します。

 

体を起こす腹筋エクササイズをすると六つに割れるかもしれませんが、お腹が凹んでくびれが出ることはありません。

 

 

美しい姿勢になるためにはお腹と腰を安定させることです。

 

腹筋で腰椎、胸椎、骨盤を正しい位置にすることです。

 

骨格が正しい位置になればくびれも出ます。

 

体を起こす腹筋エクササイズをしなくても腹筋を鍛えることができ、くびれも出ます。

 

なので、腹筋に自信がなくても、ドンドン鍛えていきましょう。

 

 

あなたが美姿勢で理想のカラダになるために、あなたのカラダに合った、あなたに必要な腹筋エクササイズを行います。

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【1回1分で美姿勢になるには】80

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛がないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

お客様にどんどん美姿勢になって頂きたいので、ご自宅や職場でもセルフトレーニングを実施しやすい様にストレッチとエクササイズの資料を作っています。

 

週1回のレッスンに加えて、ご自宅や職場で短時間のストレッチやエクササイズを実施するとトレーニング効果が高まります。

 

美しい姿勢で理想のカラダへ近づいていきます。

 

場所をとらず、簡単なエクササイズとストレッチなので、1〜2分で終わってしまいます。

 

しっかりやれば2分ぐらいです。

 

「それだけでいいのですか?」と言われそうですね。

 

簡単で短時間ですが、ちょっとした隙間時間にちょこちょことやれば1日の中で随分、運動をしたことになります。

 

1回1分のチョットした運動だとしても、

 

1日5回すれば5分

 

1週間(7日間)すれば35分

 

1ヶ月(31日)やれば155分、2時間25分

 

1年間(365日)続ければ1825分、30時間42分

 

継続するとすごい時間になります。

 

 

朝、目が覚めてお布団の中で、

 

洗顔で鏡の前に立った時、

 

会社に着いた時、

 

朝礼後、

 

デスクワークの途中、

 

お仕事の休憩時間、

 

トイレに行った時、

 

お買い物から帰ってきた時、

 

ゴルフのレッスンの前後、

 

ランニングや山登りに行く前後、

 

テレビのCMの時間、

 

晩御飯を食べ終え、キッチンを片付けた後

 

お風呂ない入る前、または出た時、

 

お布団に入った時、

 

などに、ちょっとストレッチとエクササイズをすることで確実に体は変わっていきます。

 

美しい姿勢で理想のカラダを意識する時間が増えるので、当然変わっていきますよね。

 

 

もちろん、1日の中でこんな入れなくても良いです。

 

毎日でなくても良いです。

 

1日おきでもOKです。

 

1日5分の少ない時間でも、美姿勢への意識、理想のカラダへの意識をする人としない人とでは、

 

1年後、

 

3年後、

 

5年後、

 

10年後には

 

体に大きな違いが出てきます。

 

「同じ年代なのに、同じ年なのに、あんなに違う」

 

なんてことをよく聞きますし、よく見ます。

 

こんな事にならないためにも、大切な事は体へ気をくばりストレッチやエクササイズを実施する事です。

 

たった1分ですが、その1分が美姿勢を意識する時間、理想のカラダを意識する時間となります。

 

 

そして、1分とはいえ回数が増えれば、美姿勢で理想のカラダに変わります。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【腹筋を鍛えれば良いわけではない!】78

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛がないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

「運動しましょう」、「腹筋をつけましょう」

腰痛があった、クライアント様は整形外科や整体院、カイロ、マッサージなどに行った時に良く言われてきたそうです。

 

確かに腰痛がある方は腹筋が弱い方が多いです。

 

姿勢をチェックしても腹筋が弱いため、腰に柔軟性がなく過剰に反っている方が多いです。

 

では、実際に腹筋をつけるためのエクササイズをすれば腰痛が軽減し、腰痛が治るのかと言いますと、そんなことはありません。

 

腹筋エクササイズをしても

腰痛を改善するためスポーツクラブに入会し、一生懸命通い腹筋台に乗りエクササイズをしても一向に変わらない方は沢山います。

 

スポーツ選手、サンデーアスリートの方で普段から腹筋エクササイズ、体幹トレーニングを行っていても、腰痛に悩みながら競技を続けている選手は多いです。

 

腹筋エクササイズや今流行りのコアトレ(体幹トレーニング)をし、腹部が6つに分かれているような人でも腰痛がある方がたくさんいます。

 

ほぼ毎日、トレーニングをして、腹筋がしっかり6つに割れているのにも関わらず、腰痛持ちです。

 

腹筋を鍛え筋力がつけば、腰痛が軽減し治るわけではないのです。

 

大切なのは、腹筋群を鍛え、腰椎、胸椎、骨盤を正しい位置、つまり正しい姿勢を維持し体を正しく動かすことです。

 

体には原理原則があります。

人の体は解剖学的、スポーツ医科学的に原理原則の関節や筋肉の動きがあります。

 

いくら腹筋を鍛えお腹が6つに分かれても、正しい動作ができないで続けていれば腰痛になってしまいます。

 

歩くとき、座るとき、椅子から立ち上がるとき、重いものを持ち上げるとき下ろすとき、鞄を持っているとき

 

日常生活において、ごく普通の当たり前の動作にはちゃんと解剖学的に正しい体の動かし方があります。

 

ランニング、ゴルフ、野球、サッカー、バスケットボール、ボクシングやレスリングなど格闘技、自転車競技、水泳など

 

種目が全く違ったスポーツにおいても、共通の正しい体の動かし方があります。

 

その共通の正しい動きができないと、いくら筋肉がついて筋力があっても、腰痛、肩や股関節の周囲炎、捻挫などの傷害となってしまいます。

 

なので、

 

腹筋をただ鍛えれば良いのではなく、

 

正しい動きも身につけなければなりません。

 

腹筋を鍛え正しい姿勢になり、その正しい姿勢で正しく体を動かすことができれば、確実に腰痛が軽減されていきます。

 

腰痛だけではなく、肩こり、ひざ痛なども軽減することに繋がります。

 

正しい姿勢と正しい動きを見につけていきましょう。

 

それは美しい姿勢で美しい動きでもあります。

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【足を長くする必殺テクニック】62

 


つくば、土浦で活動するお腹が凹む「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで、

 

姿勢改善しお腹が凹んだ理想のカラダと

 

美しい姿勢で若々しく健康に生活する知識と習慣

 

をご提供します。

 

imgp1966

 

足を長く見せる必殺テクニック

 

足を長く見せる方法として、

 

ヒールの高いブーツを履く

 

シークレットブーツを履く

 

ズボンを上まで上げて股下を長く見せる。

 

ハイウエストのズボンを履く

 

一緒に歩く人が小さい人を選ぶ

 

など、必殺のテクニックがあります。

 

しかし、一番簡単な方法は足を真っ直ぐに伸ばすことだと、磯塚は考えております。

 

真っ直ぐ伸ばすことだと言っても、骨を伸ばすわけではありません。

 

現実的に成長期を過ぎたら骨が伸びることはなく、骨密度が落ち縮みます。

 

腰が曲がって伸びなくなったとはいえ、小さくなったお年寄りの方もいらっしゃいますよね。

 

先程挙げた、必殺のテクニックをどんなに使っても、足自体が、膝が外に向かって広がったガニ股だったり、膝が内側に向いてお尻が出る内股だったり、真っ直ぐ立った時に膝と膝がつかないO脚だと足が長くは見えません。

 

なぜ、ガニ股、内股、O脚になってしまうかと言いますと股関節周りの筋肉のバランスが崩れたり、足底の筋力の低下などが上がられます。

 

原因の詳しい説明は次回についてご説明します。

 

 

足を長くする必殺エクササイズ

 

今回をひとまず、脚を長くするためのエクササイズをご紹介します。

 

まず、スタートポジションの説明をします。

 

脚を閉じて立ちます。

 

足元を見て、左脚の土踏まずの場所に右足の踵を置き上から見て逆八の時に脚を設置します。

 

次は脚を動かしていきます。

 

脚裏の位置は変えず、膝を外に向けて少しだけしゃがみます。

 

息を吸って、吐きながら内腿とお尻を締めるようにして脚を伸ばしていきます。息を吐く時は軽くお腹を凹ませていきます。

 

これだけですが、お腹が凹みお尻がキュッと締まり、股関節の前の部分、脚の付け根が伸びます。

 

また、内腿をグッと閉じていきますので、腿の外側の筋肉が伸び、膝が真っ直ぐに向き、脚自体が真っ直ぐ伸びてきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-16-10-13

写真では踵と踵をつけていますが、お勧めは土踏まずと踵をつけます。

 

かなり効果があります。いつやれば?

 

かなりのガニ股、O脚の方に効果があります。

 

実は腹筋もしっかり使うので継続することでかなりお腹が凹みます。

 

このエクササイズは速攻性もあるので、お買い物でレジに並んでいる時、

 

電子レンジでお弁当を温めている時、お湯を沸かしている時などに実践してもらえるといいですね。

 

ご自身で上手にできないと感じた方は遠慮なくレッスンの時にご質問ください。

 

もちろん、一人一人の体の動きの癖や柔軟性は違うので、調整をしながらエクササイズを行います。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

【いつもと違うことが起こったら】61

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで、

 

姿勢改善しお腹が凹んだ理想のカラダと

 

美しい姿勢で若々しく健康に生活する知識と習慣

 

をご提供します。

 

imgp1966

 

朝、ランニングをしていると、散歩をしている人とすれ違います。

 

すれ違う際は「おはようございます。」の挨拶と軽い会釈だけをします。

 

名前も知らない、住でいる場所も知らない、すれ違う時にただ挨拶をするだけの方々です。

 

ところがです、ここ最近、朝に見かけなくなりました。

 

3〜4人はいたのですが、全くすれ違うことがなくなりました。

 

日が昇るのが遅くなり真っ暗なためなのか

 

寒さが厳しくなってきたためなのか

 

それともコースを新しく変えたのだろうか

 

体調を崩して歩けなくなったのだろうか

(すれ違う方はみんな年配の方なので)

 

など色々考えてしまいます。

 

他人で、名前も知りませんが、毎朝同じ時間に挨拶をしている方々と急にすれ違わなくなりました。

 

いつもと違うことが起こっているので「どうしたのかな」と色々と想像をしています。

 

 

エクササイズ、ストレッチがたくさん。

 

本題に入りまして、美姿勢筋トレのパーソナルトレーニングではお客さまの理想のカラダをつくるために色々なエクササイズやストレッチを行います。

 

機械を使って行うトレーニングプログラムと違って、エクササイズやストレッチに種類がたくさんありますl。

 

四つ這いになって、片手、片足を伸ばし、体幹を安定させるポーズ、

 

お腹を凹ませて片足立ちになるバランスエクササイズ、

 

重りを持って降り不安定な中でもしっかり臀筋で体を支えるファンクショナルエクササザイズ

 

など、お客さまの理想のカラダと目的に合わせ、様々なエクササイズとストレッチを組みわせトレーニングプログラムを実施していきます。

 

継続していると確実に難度が高いエクササザイズや負荷の高いエクササイズにレベルを上げていきます。

 

 

原因を見つけます。

 

しかし、毎週できていたのに、または順調にレベルアップしていたのに急にできなくなってしまう場合があります。

 

そんな時は「どうしたのかな」と原因を色々と考えます。

 

お仕事が長かったため、足に負担がかかっているのかな

 

何か物を持ちすぎて腕が疲れているのかな

 

変な格好でテレビを見ていたのかな

 

過去に遡り、何が原因だったのかを考えます。

 

もちろん、その際にはお客様にもお聞きして原因となる動作がなかったか思い出していただきます。

 

御本人も気づかない、日常生活では何も差し支えがない動きが、実は原因になっている場合があります。

 

日常生活では差し支えのないちょっとした動作不良、姿勢不良ですが、

見過ごしてしますとその見過ごした動きが原因で、さらに姿勢不良を引き起こし、体型の崩れや痛み、競技力が落ちる、などに繋がっていきます。

 

いつも違う動きが出た時はしっかり原因を考えます。

 

もし、ご自身でも「あれっ?」と思うことに気づいたのならば、遠慮なく教えてください。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ