土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 姿勢改善専門パーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【お客様よりアンケートを頂きました。】126

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない、老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

お客様よりアンケートを頂きました。

 

「最初のカウンセリングでどこが原因なのかを理解できて、トレーニングを受けた後、股関節と膝の動きが良くなりました。」

 

 

体の特徴、姿勢不良や痛みの原因を知り、正しい姿勢で正しく体を動かすことで痛みが改善され動きが良くなります。

 

痛みの原因を加齢で片付けないで、自分の体に合った、体に必要な運動をすることが大切です。

 

アンケートの詳細はこちらです。

 

 

 

最後までお読みなってくれてありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はこちら(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

【梅雨時期に体の不調が出る方が多いです。】123

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

痛みと疲れのない老けない体で豊かに生きる

 

知識と習慣をご提供します。

 

低気圧が近づいている空

 

この梅雨に時期は体調が悪くなったり、

疲れやすくなったりする方が多いですね。

 

 

レッスンを始める前に、体調のことをお聞きするのですが、

 

「少し疲労感があります。」

 

「朝、目覚めが悪かった。」

 

「車の運転だけで疲れてしまう。」

 

「天気が悪いと首こり肩こりがひどくなります。」

 

「朝から頭痛があります。」

 

などの答えが返ってきます。

 

 

首こり、肩こり、頭痛の原因として姿勢不良があるのですが、

それだけが原因とは言い切れないです。

 

 

この時期の体の不調として、

気温や湿度の変化が上がられます。

 

 

梅雨の時期は低気圧が発生するため

気温や湿度が非常に変わりやすいです。

 

 

暑い日が続き、「梅雨はどこ行ったの」と思いきや、

朝から雨が降り寒い日もあります。

 

 

午前中は寒く、午後は暑いなんて日もあります。

その逆で、午前中は暑く、午後から寒い日もあります。

 

 

雨で寒い日に買い物をするため、スーパーや

ショッピングモールに入るとエアコンが効いて体が冷えてしまう。

 

 

暑い外から室内に入ると、初めは涼しくて気持ちいのに、

途中から体が冷え切ってしまう。そして外に出るとまた暑い。

 

 

これらの気温や湿度の差が体に負担をかけています。

 

 

私たちの体は体温を一定に保とうとするため

発汗の量や血管の太さを私たちの意思とは別で

自動で調整してくれています。

 

 

気温や湿度が頻繁に変わると、その度に

体温の調整を頻繁にしていることになります。

 

 

これが1日何回も何日も続いていると、

体にかなり負担が出てきます。

 

 

そして、この体温の調整が上手くできなくなると不調となって、

頭痛、肩こり腰痛、疲労感等となって現れます。

 

 

では、どうすれば良いかと言いますと

 

 

体が気温や湿度の影響を受けないようにすれば良いです。

 

 

かといって、

天気を変えることはできないですし、

低気圧を無くすことはできません。

 

 

でも、できることが3つあります。

 

 

①事前に天気や気圧の状態を知っておくこと。

アプリなどで低気圧が来ることを予測して

心の準備をしておきます。

家事や仕事を調整し、

時間と心に余裕を持つといいですよね。

 

 

②出かけるときに気温差に備えること。

簡単に羽織ることができる薄手のウエア、

ストールを常に持ち歩くと良いですね。

 

③運動を取り入れて規則正く生活すること。

毎日決まったリズムで早寝早起き、運動、食事をします。

自律神経が整い正く機能しますね。

 

 

 

体の健康に関しては、事前に準備をして

予防することが重要になってきます。

 

 

梅雨が明けるのはもう少し先です。

 

 

梅雨が明けたとしても

屋外と室内の気温の差が激しい時期です。

 

 

生活のリズムを崩さない程度に対策をして、

体調を今以上に悪くならないようにしましょう。

 

 

最後までお読みなってくれてありがとうございます。

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はこちらです。(無料です。)

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

【痛みの本当の原因を知ること】117

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

「美姿勢」筋力アップ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

 

痛みと疲れのない美しい身体で豊かに過ごす、

 

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

首と肩が痛くなってしまいました。

 

「首と肩が痛くなってしまいました。」

 

とご相談がありました。

 

「前日に何かしましたか?」

 

とお聞きすると

 

「特に何もしていないのですが、仕事が忙しくあまり休んでいませんでした。」

 

「段々首が動かなくなり、痛みが出てきました」

 

とのことでした。

 

痛みの原因は

 

仕事の量が急に増え、家事が忙しくなれば、体(筋肉や関節)に負担をかけることが多くなります。

 

これが痛みの原因になることはよくあります。

 

なぜ体(筋肉や関節)に負担がかかるのかと言いますと

 

正しい姿勢で正しく動くことができないからです。

 

姿勢や体の動かし方は人それぞれです。

 

あなたの周りには、あなたと同じように、仕事が忙しかった、休みが取れなかった、人がたくさんいると思います。

 

その全員が同じように痛みは出ていないと思います。

 

その人達は同じような時間の使い方をしても、痛みが出ていないわけですよね。

 

なぜかと言いますと、姿勢と体の動かし方が1人1人違うからです。

 

痛みの本当の原因は、

 

あなたの長年の生活で身についている姿勢不良と癖となってしまった動作不良です。

 

デスクワークをするとき、頭が前にでて首に負担をかけている。

 

右手でマウスを使うとき腕を上げ肩の筋肉に負担をかけている。

 

車の運転中に、後を振り返るのに首だけを過剰に動かす。

 

歩いているとき膝が内側に入っている。

 

立っているとき体重が踵に乗っている。

 

キッチンで洗い物をしているとき右足だけに体重をかけている。

 

など、知らないで無意識に行っている、日常生活での姿勢や動作が痛みの原因となっています。

 

思い当たることはありませんか

 

同じ痛みが出る方は

 

ギックリ腰、首の寝違え、足首の捻挫、五十肩を2〜3回繰り返している人は要注意です。

 

何度も同じような首や肩、腰、膝に痛みが出ている方は、痛みが出る姿勢と動きを自分からとっています。

 

スポーツ選手が怪我を何度も再発していたら、まともな練習ができず競技力の低下になります。

 

野球やサッカーなどのチームスポーツをしているのならば、チームに迷惑かけてしまいます。

 

怪我や痛みで仕事や家事ができなくなったら周りに迷惑をかけてしまいます。

 

迷惑をかけていることで自分自身が一番つらくなってしまいますよね。

 

そうならないためにも、自分の姿勢と動きの癖は理解して再発を阻止しなくてはいけません。

 

痛みを再発させないためには

 

正しい姿勢と正しい動作の習慣を身につけることです。

 

運動が嫌いでも、運動をする時間がなくても、自分の姿勢と動きの癖を治すことを意識するだけでも、首や肩のコリや痛みを予防できます。

 

本気で治したいのなら自分の姿勢と動きを治すための運動をすることです。

 

日常生活において、身体に違和感、痛み、コリを感じているのならば、まずは自分の姿勢と動きを見直してください。

 

 

セミナーを開催します。

 

ご参加すると自分の姿勢不良の原因を知ることができます。

 

テーマー「姿勢改善で老けない体づくり3つの秘訣」

 

 

セミナーの詳細はこちら

 

ご興味がある方、お申し込みをしたい方、お問い合わせをしたい方はこちら

 

ラジオでも取り上げて頂いた美姿勢筋トレの体験レッスンをお申し込みはこちら

 

体験レッスンの前に、まずは姿勢や筋トレ、肩こり腰痛に関してのお悩み、ご相談、ご質問をしたい方はこちらをどうぞ(無料です。)

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

【正しく歩いているか自分でチェックしてみる。】103

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

最近は太陽が出るのが早くなって、朝が随分明るくなってきましたよね。

 

歩く人もちょこちょこ増え始めています。

 

健康のため、筋力低下のためと言って、歩く人は多いです。

 

最低でも30分、長くて1時間は歩くそうです。

 

それもほぼ毎日。

 

素晴らしいです!

 

ところが、健康のため筋力低下のために歩くことを続けているのに、

 

「膝に痛みがある」、「腰が重くなる」

 

などの声をよく聞きます。

 

健康管理を目的としているのに、歩行運動のウォーキングで足腰を痛めている人が増えているのです。

 

多くの中高年の方々の膝や腰の痛みを引き起こす「変形性膝関節症」や「変型性脊椎症」は歩き方が原因となっている場合があります。

 

健康のため、足腰を鍛えるためだといって、やみくもに歩けばいいわけではありません。

 

歩き方にも正しいフォームがあります。

 

「歩く」と言った簡単そうな動作でも、正しい姿勢で正しく筋肉と関節を使わなくてはいけません。

 

正しいフォームで正しく歩く、正しく筋肉を使うことを身につければ痛みや不調は改善されます。

 

でも、自分が正しく歩けているか、歩けていないかはなかなかチェックできません。

 

歩く姿勢や歩き方を教わることもなかなかありません。

 

なので、自分で正しく歩けているかをチェックできる簡単な方法をご紹介します。

 

普段、履いている靴のソール(靴底)の減り方で正しく歩けているかをチェック出来ます。

 

靴底の減りが明らかに左右違う、外側だけが減っている、内側だけが減っている、など歩く癖が靴底に現れてきます。

 

例えば、踵の減りが左右差ある場合、腹筋が使えないため体軸がずれている。

 

体が傾いて歩いている場合があります。

 

これは腰痛、変型性脊椎症の原因になってきます。

 

外側だけが減っている場合、足がガニ股やオO脚だったりすることがあります。

 

内側だけが減っている場合、膝が内側に入るX脚である、脚を引きずって歩いていることがあります。

 

靴底の内側、外側が減るの場合、変型性膝関節症の原因がとなる場合があります。

 

まずは、自分が正しく歩けているか、普段履いている靴底を見てチェックしてみましょう。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はこちら

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

 

 

【腹筋を鍛えれば良いわけではない!】78

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛がないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

「運動しましょう」、「腹筋をつけましょう」

腰痛があった、クライアント様は整形外科や整体院、カイロ、マッサージなどに行った時に良く言われてきたそうです。

 

確かに腰痛がある方は腹筋が弱い方が多いです。

 

姿勢をチェックしても腹筋が弱いため、腰に柔軟性がなく過剰に反っている方が多いです。

 

では、実際に腹筋をつけるためのエクササイズをすれば腰痛が軽減し、腰痛が治るのかと言いますと、そんなことはありません。

 

腹筋エクササイズをしても

腰痛を改善するためスポーツクラブに入会し、一生懸命通い腹筋台に乗りエクササイズをしても一向に変わらない方は沢山います。

 

スポーツ選手、サンデーアスリートの方で普段から腹筋エクササイズ、体幹トレーニングを行っていても、腰痛に悩みながら競技を続けている選手は多いです。

 

腹筋エクササイズや今流行りのコアトレ(体幹トレーニング)をし、腹部が6つに分かれているような人でも腰痛がある方がたくさんいます。

 

ほぼ毎日、トレーニングをして、腹筋がしっかり6つに割れているのにも関わらず、腰痛持ちです。

 

腹筋を鍛え筋力がつけば、腰痛が軽減し治るわけではないのです。

 

大切なのは、腹筋群を鍛え、腰椎、胸椎、骨盤を正しい位置、つまり正しい姿勢を維持し体を正しく動かすことです。

 

体には原理原則があります。

人の体は解剖学的、スポーツ医科学的に原理原則の関節や筋肉の動きがあります。

 

いくら腹筋を鍛えお腹が6つに分かれても、正しい動作ができないで続けていれば腰痛になってしまいます。

 

歩くとき、座るとき、椅子から立ち上がるとき、重いものを持ち上げるとき下ろすとき、鞄を持っているとき

 

日常生活において、ごく普通の当たり前の動作にはちゃんと解剖学的に正しい体の動かし方があります。

 

ランニング、ゴルフ、野球、サッカー、バスケットボール、ボクシングやレスリングなど格闘技、自転車競技、水泳など

 

種目が全く違ったスポーツにおいても、共通の正しい体の動かし方があります。

 

その共通の正しい動きができないと、いくら筋肉がついて筋力があっても、腰痛、肩や股関節の周囲炎、捻挫などの傷害となってしまいます。

 

なので、

 

腹筋をただ鍛えれば良いのではなく、

 

正しい動きも身につけなければなりません。

 

腹筋を鍛え正しい姿勢になり、その正しい姿勢で正しく体を動かすことができれば、確実に腰痛が軽減されていきます。

 

腰痛だけではなく、肩こり、ひざ痛なども軽減することに繋がります。

 

正しい姿勢と正しい動きを見につけていきましょう。

 

それは美しい姿勢で美しい動きでもあります。

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【年末になると増える痛みと美姿勢崩れの原因】65

 


つくば、土浦で活動するお腹が凹む「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで、

 

姿勢改善しお腹が凹んだ理想のカラダと

 

美しい姿勢で若々しく健康に生活する知識と習慣

 

をご提供します。

 

imgp1966

 

 

年末が近づいていますね。

 

大掃除の準備は進んでいますか

 

磯塚家では日頃から掃除ばかりしているので、年末の大掃除といった概念がありません。

 

日課となっている掃除にチョコチョコとオプション的な掃除を加えて汚れが酷くならにようにしております。

 

汚れの酷い箇所が見つかった場合、それ以上汚れ無いように先に延ばさず掃除をします。

 

年末になると増えます。

 

整形外科に勤務している時、年末になると患者さんから相談される事として「肩の痛み」がありました。

 

肩こり五十肩などの症状がある方が年末になるとさらに痛みが強くなったり、今までは何ともなかったのに急に痛みだしたりする方がいました。

 

痛みの原因は腕、肩の使いすぎでした。

 

大掃除で普段以上に腕を使ったのが原因でした。

 

床の雑巾掛け窓拭き、シンクの磨き、換気扇、庭掃き、剪定、押入れの片付け、粗大ゴミの運搬…

 

年末にまとめて掃除をすることで過剰に腕を使いすぎ、肩周りの筋肉に負担がかかり痛みとなってしまったのです。

 

 

掃除の時も姿勢が大事です。

 

本来、掃除をする時にも体、筋肉に負担をかけすぎない姿勢と動きがあります。

 

床を四つ這いで雑巾掛けをする時姿勢と手の使い方

 

手の位置が高くなる換気扇や窓ふきのさいの姿勢と手の動かし方

 

粗大ゴミなどの大きくて重いものを運ぶ際の腹筋や臀筋など体幹の使い方

 

など、解剖学的、スポーツ医科学的に姿勢と動作をちゃんとしないと、何かしら関節や筋肉に負担をかけ体を痛めてしまいます。

 

しかし、年末の忙しい時、そんなことを考えて掃除は出来ません!

 

掃除は時間との戦いでもあります。

 

年末の大掃除ならば特にそうなのではないでしょうか

 

そんな忙しい時に、「姿勢と動作を意識してください」なんてことは言えません。

 

しかし、

 

肩周りの筋肉を使い過ぎ負担を掛け、肩関節周囲炎や腱板炎になるとに痛くて手を動かせず、家事やお仕事ができなくなり、趣味も楽しむどころかできなくなります。

 

肩がズキズキ痛み、お正月のテレビ特番など見てられなくなります。

 

初詣でのお願い事が、「肩を治してください」になってしまいます。

 

 

使い過ぎたらリラックス

 

年末で痛みが出てしまうと一年の始まりから仕事、趣味全ての計画が崩れてしまいます。

 

なので、腕、肩を酷使し掃除が終わったのならば、ゆっくりストレッチをして、お風呂で体を温めてリラックスしてください。

 

気持ちがリラックすると筋肉の緊張が取れ、使い過ぎた筋肉が緩みます。

 

筋肉が緩むことで、痛みになるのを防ぐことができます。

 

予防に勝る治療はありません。

 

使い過ぎた筋肉はゆっくり休ませてあげましょう。

 

それでも、(そうでなくても)肩、腕に違和感がある時は遠慮なくご相談ください。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ