土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 姿勢改善専門パーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【期間限定グループレッスン開催します】152

 


茨城県のつくば市、土浦市で活動する

 

ねこ背&腰痛専門のパーソナルトレーナー磯塚です。

 

 

姿勢改善に特化したピラティスと筋トレで、

 

40才からの痛みのない美しいカラダをサポートします。

 

 

 

久々のブログ更新です。

 

 

年が明けたと思ったら、節分、ひな祭りが過ぎて随分ブログの更新が空いてしまいました。

 

 

今回はお知らせです。

 

 

4月から土浦カルチャー&健康スポーツセンターTUCKS(タックス)にて新講座としてグループレッスンを開催します。

 

期間限定、人数限定のグループレッスンとなります。

 

 

 

講座名 ねこ背&腰痛専門ピラティス

 

姿勢と痛みを改善することを目的としたグループレッスンとなります。

 

  • レッスン日 毎週木曜日

 

  • 時間 11:45〜12:45A ・ 14:30〜15:30B

 

  • 定員 各9名

 

  • レッスン期間 4月〜8月 (5か月間全20回)

 

  • 料金 月謝制 8,640円(月謝制)

 

 

お申込みはお電話にて直接お申込みください。

 

土浦カルチャー&健康スポーツセンターTUCKS(タックス)

タックスのホームページはこちら

 

TEL 029-825-2600

 

 

 

 

新講座開催に伴い体験レッスンも実施致します。

 

日程 3月15日(木) ・3月22日(木)

 

 

【15日】

時間 11:45〜12:45 ・ 14:45〜15:45

 

場所

土浦カルチャー&健康スポーツセンターTUCKS(タックス)

トレーニングジム

 

定員 各9名

 

 

【22日】

時間 11:45〜12:45A ・ 14:30〜15:30B

 

場所

土浦カルチャー&健康スポーツセンターTUCKS(タックス) 

A トレーニングジム ・ B 多目的ホール

 

定員 各9名

 

 

 

こんな方は是非ご参加ください。

 

 

・パーソナルトレーニングは敷居が高いと感じて方

 

 

・ご家族、友人と一緒に頑張りと考えている方

 

 

・仕事や家事、趣味をテキパキこなしたい方

 

 

是非、お待ちしております。

 

 

お申込みはお電話にて直接お申込みください。

 

土浦カルチャー&健康スポーツセンターTUCKS(タックス)

タックスのホームページはこちら

 

TEL 029-825-2600

 

 

何かご不明な点がありましたら、遠慮なくはこちらお問い合わせください。

 

 

 

 

姿勢や筋トレに関してのお悩み、ご相談、ご質問はどうぞこちら(無料です。)

 

 

私の知識と経験が、あなたのお役に立てれば、嬉しいです。

 

 

体験レッスンのお申し込みはこちら

 

 

ホームページのトップページはこちら

 

 

つくば市、土浦市、研究学園、荒川沖、牛久市、石岡市、かすみがうら市のお客様から支持を頂いております。

 

 

Triple-Body 磯塚一真

【ピラティスを取り入れているわけ】97

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

Triple-Bodyの美姿勢筋トレではピラティスを取り入れています。

 

「ピラティスって何?」と思う方もいらっしゃると思います。

 

ピラティスは100年前にジョセフピラティスさんが考案された体操、思考です。

 

かなり簡単に説明してしますと、健康な身体のためには、「自分の身体に気づき、改善することに集中する」といった思考のメソッドです。

 

現代、スポーツ界で実施されている、体幹トレーニングや腹筋エクササイズなど殆どのエクササイズはピラティスが土台となっています。

 

私がピラティスを指導に入れるきっかとなったのは、自分自身のトレーニングに取り入れ、姿勢が変わる、動きが変わる、そして怪我もせず、競技の結果が大きく変わったからです。

 

レスリング、トライアスロン、競技生活を13歳から始め、強くなるためには筋肉をつける、練習量を増やすことを常に考え実践してきました。

 

最新のトレーニング理論が海外からはいいてくれば、調べて、納得したらどんどん取り入れる。そんなトレーニングをしていました。

 

しかし、やたら骨折や捻挫の怪我が多く、少しハードのトレーニングをすれば膝が痛む、肩が痛むなど繰り返してしました。

 

そんな時、アメリカでトレーナーの勉強をした、トレーナーさんに身体を診てもらうことがありました。

 

その方はハードトレーニングのメニューを出すのではなく、姿勢と動きを分析し解剖学的に正しい姿勢と動きを修正することを教えてくれました。

 

そして、その修正方法にピラティスが取り入れられていました。

 

ダンベルやバーベルを持つわけではなく、正しい姿勢で筋肉を正しく使い、関節を正しく動かすトレーニングでした。

 

正しい姿勢で正しく動くことで、脳と神経と筋肉に正しい姿勢と動きをインプットさせていきます。

 

どんなに重い物を持ち上げる筋肉、筋量があっても正しくその筋肉を機能させなければ、無駄な動きとなって力が逃げてしまいます。

 

逆に正しい姿勢で正しい筋肉を使い、正しい動きができれば、最低限の筋肉でしっかり力を発揮できます。

 

このピラティスメソッドを取り入れたトレーニングを入れることで、私の姿勢と動きは大きく変わりました。

 

レスリングをしていたため、頭が前に出て、肩が上がり、首が詰まっている姿勢でした。

 

足もガニ股のため、長距離を走っていると膝がいつも痛くなることとがありました。

 

 

しかし、ピラティスを取り入れたトレーニングを受けていくうちに、明らかに姿勢が変わり、競技力が上がりました。

 

身体が正中化してきました。腹筋を使い身体に軸が通り真っ直ぐになってきます。

 

頭の位置が変わり、目の位置が変わるため視界が変わり、身長が伸びたように感じました。

 

肩は下がり、首が随分長くなり、ランニングの時に腕を振りやすくなりました。

 

ガニ股、O脚だった足は真っ直ぐのび、股関節を上手に使うことができ脚の前後に動くのがよくわかりました。

 

鏡に映る、姿勢が変わった自分の身体を見て驚いきました。

 

ランニングタイムも伸びていきました。転職したばかりで練習量が減ったにも関わらず競技力が上がっていたのです。

 

自分でも正直驚いていました。あれだけ筋トレや走り込みをしていた時より、ピラティスを取りいれ姿勢と動きを日常生活から変える。

 

それだけで、こんなに変わるのかと、そんな経験をしてから私自身の指導方法に姿勢と動きを変えるピラティスは欠かせないものとなり指導の骨格となりました。

 

この姿勢と動きを変えるピラティスのメソッドは一般の人ほど必要だと考えています。

 

競技にもよりますし運動の強度も違いもありますが、プロのスポーツ選手は3〜4時間身体を動かし続けます。

 

一般の人たちは仕事や家事で8時間以上も身体を使っています。

電車で立ち続け、デスクワークで座り続け、考えようによってはプロのスポーツ選手以上身体に負担をかけているのではないでしょうか

 

だからこそ、そんな時間のない一般の方々こそ、ピラティスのメソッドが必要だと考えています。

 

ジョセフピラティスが言っているように、自分の身体に気づき、姿勢と動きを変えていくことに集中することが大切だと考えています。

 

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【床に座ると骨盤が傾き姿勢が崩れる】96

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

あなたは普段、家にいるとき椅子やソファーで過ごしていますか

 

それとも床や畳ですか

 

最近の傾向はリビングで過ごすとき、食事のときは床や畳の上ではなく、椅子やソファーで過ごす人が多いと思います。

 

椅子に座っているとき、悪い姿勢、良い姿勢がありますね

 

床や畳に座った時も、悪い姿勢、良い姿勢があります。

 

 

床や畳に座ったとき、あなたはどんな座りかたをしていますか

 

男性は殆どがあぐらをかいて座ると思います。

 

女性の場合、両足を片側に出して座っている方が殆どだと思います。

 

この座りかたは骨盤が傾き、その傾きを修正するために体幹部が骨盤と反対方向に傾き、それが身体の歪みとなります。

 

最近は床で過ごす時間が減ったとはいえ、この座りかたを何回も繰り返していると、身体の癖となってしましいます。

 

 

ではどうやって、歪みが出ないようにするかと言いますと

 

普段、両足を出している側の反対側に足を出すことです。

 

それだけって思いますよね。

 

両足を右側ばかり出している人は、左側に出すことが、とてもやりにくいと思います。

 

両足を左に出している人は、右側に出すことが、とてもやりにくいいと思います。

 

身体の硬い人、左右差がある人は足を出せず、出しても身体を起こせず、倒れてしまう場合もあります。

 

いつも同じ方向に足を出さないで、反対方向へあえて出すことにより、股関節の柔軟性や筋力のバランスをとることになります。

 

倒れてしまう人は出している足を掴んでください。手を床に軽くついて身体を支えるのも良いです。

 

自分の取りにくい姿勢をすることは、それ自体がストッレチにもなり、エクササイズにもなり身体の歪みをとることにつながります。

 

ピラティスのエクササイズなどは日常生活の動作がそのままエクササイズになっていいます。

 

床に座るときは片側だけに両足を出しているのではなく、しばらく経ったら反対側にも足を出してください。

 

そうすれば、運動が嫌いな方でも、時間がない方でも、床に座ることが、ちょっとしたエクササイズになります。

 

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【ストレッチっていろいろあります】88

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

レッスン当日、仕事で疲れている、花粉症で頭がスッキリしない、寝不足などで体調が良くない時もあると思います。

 

キャンセルすると次の予約を取るのが難くなる、休むとしばらく空いてしますなどの理由で頑張ってレッスンを受けに来てくださります。

 

でも、本当は体調が悪いので、トレーニングを休みたい日があると思います。

 

そんな時は無理せず「体調悪いです」「今日はスチレッチ中心で!」とおしゃってください。

 

ストレッチでも、しっかり美姿勢になるレッスンを実施します。

 

 

ストレッチと言いますと息を吐きながらゆっくり身体(筋肉)を伸ばすことをイメージされると思いますが、色々なストレッチがあります。

 

ゆっくり伸ばすストレッチ

 

人に伸ばしてもらうストレッチ

 

反動を使うストレッチ

 

同じ動きを繰り返すストレッチ

 

筋トレのようなに力を入れながするストレッチ

 

などがあります。

 

 

これらのストレッチも組み合わせ方によって

 

リラックスするため

 

痛みを和らげるため

 

筋肉を活発にさせるため

 

疲れを取るため

 

リフレッシュするため

 

怪我の再発を予防するため

 

などの効果があります。

 

 

レッスンでのストレッチメニューはお客さまの体調、目的、時間帯によって調整します。

 

美姿勢になるためには、体幹や全身を鍛える筋力トレーニングは大切ですが、体調が良くない時、疲労が溜まっている時に実施してもフォームが崩れてしまい効果が減る場合があります。さらに疲労感が増す事もあります。

 

体調が良くない時、体を伸ばしてリラックスしたい時は、遠慮なく「ストレッチ!」とおっしゃってください。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

【足を長くする必殺テクニック】62

 


つくば、土浦で活動するお腹が凹む「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで、

 

姿勢改善しお腹が凹んだ理想のカラダと

 

美しい姿勢で若々しく健康に生活する知識と習慣

 

をご提供します。

 

imgp1966

 

足を長く見せる必殺テクニック

 

足を長く見せる方法として、

 

ヒールの高いブーツを履く

 

シークレットブーツを履く

 

ズボンを上まで上げて股下を長く見せる。

 

ハイウエストのズボンを履く

 

一緒に歩く人が小さい人を選ぶ

 

など、必殺のテクニックがあります。

 

しかし、一番簡単な方法は足を真っ直ぐに伸ばすことだと、磯塚は考えております。

 

真っ直ぐ伸ばすことだと言っても、骨を伸ばすわけではありません。

 

現実的に成長期を過ぎたら骨が伸びることはなく、骨密度が落ち縮みます。

 

腰が曲がって伸びなくなったとはいえ、小さくなったお年寄りの方もいらっしゃいますよね。

 

先程挙げた、必殺のテクニックをどんなに使っても、足自体が、膝が外に向かって広がったガニ股だったり、膝が内側に向いてお尻が出る内股だったり、真っ直ぐ立った時に膝と膝がつかないO脚だと足が長くは見えません。

 

なぜ、ガニ股、内股、O脚になってしまうかと言いますと股関節周りの筋肉のバランスが崩れたり、足底の筋力の低下などが上がられます。

 

原因の詳しい説明は次回についてご説明します。

 

 

足を長くする必殺エクササイズ

 

今回をひとまず、脚を長くするためのエクササイズをご紹介します。

 

まず、スタートポジションの説明をします。

 

脚を閉じて立ちます。

 

足元を見て、左脚の土踏まずの場所に右足の踵を置き上から見て逆八の時に脚を設置します。

 

次は脚を動かしていきます。

 

脚裏の位置は変えず、膝を外に向けて少しだけしゃがみます。

 

息を吸って、吐きながら内腿とお尻を締めるようにして脚を伸ばしていきます。息を吐く時は軽くお腹を凹ませていきます。

 

これだけですが、お腹が凹みお尻がキュッと締まり、股関節の前の部分、脚の付け根が伸びます。

 

また、内腿をグッと閉じていきますので、腿の外側の筋肉が伸び、膝が真っ直ぐに向き、脚自体が真っ直ぐ伸びてきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-16-10-13

写真では踵と踵をつけていますが、お勧めは土踏まずと踵をつけます。

 

かなり効果があります。いつやれば?

 

かなりのガニ股、O脚の方に効果があります。

 

実は腹筋もしっかり使うので継続することでかなりお腹が凹みます。

 

このエクササイズは速攻性もあるので、お買い物でレジに並んでいる時、

 

電子レンジでお弁当を温めている時、お湯を沸かしている時などに実践してもらえるといいですね。

 

ご自身で上手にできないと感じた方は遠慮なくレッスンの時にご質問ください。

 

もちろん、一人一人の体の動きの癖や柔軟性は違うので、調整をしながらエクササイズを行います。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

【ただの前屈ですが効果大】56

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで、

 

姿勢改善し肩こり腰痛がすっきりするカラダと

 

美しい姿勢で若々しく健康に生活する知識と習慣

 

をご提供します。 

 

imgp1966

 

前屈といえば

体前屈といえば、小学生の時から体力テストで必須となっている柔軟性チェック法ですね。

 

みなさん、一度は経験があると思います。

 

覚えていない方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明すると足を伸ばして座り、手を伸ばしながら体を倒していく種目です。

 

ストレッチ 女性

 

体の固い人は手がつま先まで届かず、無理に手を伸ばすと膝が曲がってしまいます。

 

体の柔らかい人は余裕でつま先を触り、さらに体を倒しペッタリと胸と膝がつくような体勢になります。

 

色々チェックできます。

この種目ですが、体を倒すだけの動作ですが、色々な筋肉の柔軟性をチェックすることができます。

 

まずスタートポジションですが、足を伸ばし、体をしっかり床と垂直に起こします。

 

この段階で維持することができない方は腿裏の筋肉の柔軟性がなく、体を起こしておく腹筋も弱いということがわかります。

 

次にスタートポジションから手を伸ばしながら体を倒していくのですが、腰、背中に丸みが出ない方が多いです。

 

腰に丸みが出ない方は普段立っている時の姿勢で腰が反り気味の方です。

 

腰部が硬くなっているため丸くすることができなくなっています。腹筋が弱い可能性も考えられます。体を倒したり起こしたりする腹筋を使うエクササイズが苦手かもしれません。

 

背中に丸みがでない方、まな板の様に背中が真っ平らのまま体を倒す方は肩こり、首こりがある場合が多いです。背部の筋肉が硬く上手に使えないため首や肩の筋肉を過剰に使っていることが考えられます。

 

体を倒すと無意識に肩に力が入り、肩が上がり首が詰まってくる肩もいます。

 

胸椎の部分は骨が12個あり、腰椎は5個あります。本来、一つ一つの関節が正しく動くと綺麗に丸くなり体を倒すことができるのです。

%e5%89%8d%e5%b1%88%ef%bc%91

 

特徴が出ます。

ただ前屈する動作なのですが、一人一人の体の倒し方に特徴が出ます。

 

その特徴から姿勢不良や痛みの原因を知る事ができます。

 

その原因を体が動きで教えてくれている感じです。

 

解剖学的に正しく関節を動かし丁寧に動かすと体が温まり筋肉をしっかり使います。

 

なので、猫背や反り腰などの姿勢改善になり、肩こり、腰痛などの痛み改善となります。

 

もちろんゴルフ、ランニング、乗馬などのスポーツでのパフォーマンスupにもなります。

 

ただの前屈ですが、動きを意識することで身体を変えるストレッチやエクササイズになります。

 

ピラティスではスパインストレッチと言って、ちゃんと名前もついているエクササイズです。

 

  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-17-27-51

 

ちょっとしたスキマ時間に前屈してみましょう。

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

【ピラティスって何?美姿勢との関係は】

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーニング&ピラティス

 

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

ピラティスって何?

ピラティスとはドイツ人のジョセフピラティス

 

という方が考案したリハビリの体操です。

 

もともとは戦争から帰ってきた負傷兵に

 

ベットの上でスプリングを使ってリハビリしたのが始まりだそうです。

 

 

 

現在、スポーツ選手やモデルのトレーニング、医療機関でのリハビリで

 

様々なコアトレと呼ばれている、体幹トレーニングが行われています。

 

 

 

女性雑誌などでも、くびれお腹や美脚の特集がされると

 

様々なエクササイズが取り上げられていますが、

 

掲載されているどのエクササイズも

 

100年目に考案されたピラティスのエクササイズが基となっています。

 

 

ピラティスってどんな運動なの

腹部、腰部、臀部、背筋群のコアを強化し、コントロールするメソッドです。

 

なぜ、コアを強化しコントロールするのか、と言いますと

 

全てのエクササイズや動きはコアから始まり維持されるからです。

 

 

ピラティスを続けることで

 

  • 身体の意識が高まる
  • 身体の強くなる
  • 可動域が広くなる
  • 関節や脊椎の柔軟性アップ
  • バランス
  • 体幹の安定
  • コアのコントロール性が高まる

 

などの効果が期待されます。

 

つまり、自分自身で身体への理解が深まることで

 

人がそれぞれ持っている理想の身体に共通する、

 

身体に軸を通し体幹を安定させ、

 

人間本来の動きをしなやかすることができます。

 

 

なので、アメリカやヨーロッパではダンサーやスポーツ選手に信頼を得ており、

 

スポーツ医学の分野の整形外科医にも認められています。

 

 

ピラティスメソッドの考えはあらゆるスポーツの基礎であり、

 

末長く、美しく健康に過ごしていく人間の動きの基本となります。

 

83413c35286b782d27a728d8a58ba2de_s

 

残念なことに

日本に入ってきた時は、スポーツクラブのエアロビクスに変わる

 

スタジオレッスンとして普及してしまった背景があります。

 

エアロビイントラがレッスン枠を増やすために講習を受け、

 

ただエクササイズを並べセッションを行っているようなものでした。

 

 

しかし、本来のピラティスレッスンでのインストラクターのキューイング

 

(お客さまに身体の事を気付かせる声掛け)はとっても繊細で、

 

自分の身体と向き合いながら体幹の強化とコントロールを意識して行うものなのです。

 

 

美姿勢との関係は

ピラティスの原則の中に「気づき」「正中化」そして「軸の身長」というものがあります。

 

この考えが姿勢改善においてもとっても重要となります。

 

「気づき」

こちらが一生懸命説明するより、自分自身で気づいた時の方が

 

はるかに身体の修正ができ、姿勢や動きのドンドン改善され、美しさに加速していきます。

 

鏡で姿勢、動きをしっかりと確認しながらトレーニングをする理由でもあります。

 

「正中化」

軸を真中に持ってくることを正中化といい腹部、腰部、背筋股関節筋群などのコアの安定になります。

 

まっすぐな背中、長い脚になるためには、まず体幹部が安定、骨格が正しい位置にくることが重要です。

 

「軸の伸長」

軸に伸長は重力に負けないで重力と反対方向に伸びる意識です。

 

重力に負けると背、腰が丸くなり、膝が伸びなくり、身体が小さくなってきます。

 

 

これらのピラティスの原則は姿勢改善するにあたり、絶対に外せない考えかたでもあります。

 

なので「美姿勢」筋トレにはピラティスメソッドが組み込まれています。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

あなたの美しいカラダづくりを美姿勢筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

【美姿勢筋トレ専門パーソナルトレーニング&ピラティス、スタート】

 


つくば、土浦で唯一、「40才からの美姿勢」専門パーソナルトレーナー 磯塚です。

 

この度は、数あるトレーニングん情報の中から、Triple-Bodyのホームページをご覧頂きまことにありがとうございます。

 

私は、今までの指導経験を活かし、美しく健康、そして痛みの無いカラダ作りをお手伝いしたく、トリプルボディーを立ち上げました。

 

美しいカラダ、健康なカラダ、痛みのないカラダ、この三つのカラダが共通している要素は正しい姿勢であることです。

 

今は体のこと、健康のこと、運動のことは、ネットで調べれば色々な情報を見る事ができます。しかし、その情報が本当に自分の体に合っている情報なのか、必要な情報なのか分からない事がほとんどです。

 

私のフィットネスクラブや整形外科での姿勢や運動の指導経験を生かし、少しでもお客様に確実に効果の出る情報を発信したいと考えています。

 

Triple-bodyでは美しい姿勢になり筋力をつけ、お客様の今後のなりたい理想の体作りを全力でサポートします。

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ