土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 腰、膝、ランナーのパーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【姿勢チェック】47

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

筋トレとピラティスで姿勢改善し痛みのない美しい身体づくりをサポートします。

 

 

下坂を歩いている時、

 

ちょっとだけ

 

体のことで気にかけてもらいたいことがあります。

 

 

自分の後ろ姿を気にしている方

 

片膝ををついた時、違和感がある方

 

ゴルフや筋トレなど運動をしている方

 

これらの方々は特に気にして確認してもらいたいです。

 

 

歩いている時、

 

片足を前に出して地面についたとき、

 

出した足に体重が乗ったときですね。

 

 

膝が内側に入ってないか気にして下さい。

 

 

平地を歩いている時は膝が内側に入ることがなくても、

 

下り坂を歩いている時は体重移動が速くなっているので、

 

地面についた足への荷重が大きくなっています。

 

 

膝が内側に入ることはどんな状態なのかと言いますと、

 

臀部の筋肉が、足が着地したときの荷重に耐えてない状態となります。

 

臀部の筋肉がついてしっかり機能していると

 

下り坂で膝が内側に入りません。

 

 

膝が内側に入って歩き続けると痛みの原因となります。

 

今はスマホが主流になっていますが、

 

二つ折りの携帯電話の折り曲げる部分を横に捻ったら壊れてしまいますよね。

 

膝が内側に入るといいうことは膝関節に捻れが入り

 

膝の内側や外側の筋肉や靭帯に負担を掛けていることになります。

 

ゴルフやランニングなどで臀部の筋肉が機能していないと

 

やはり、膝が内側に入り負担を掛け痛みの原因となってしまいます。

 

 

臀部の筋肉がついていないと臀部についている脂肪が下がり、

 

後ろから見て幅が出て洋梨の様な形になってしまいます。

 

 

でも、自分ではお尻の筋肉がついているか

 

機能しているかはわかりにくいです。

 

なので、下り坂を歩いている時に膝の動きを見て、

 

臀部の筋肉がちゃんとあるか機能しているかをチェックしてください。

 

 

歩きながらのチェックだなんて、

 

そんな器用なことはできない、という方は

 

部屋の中で、指を2、3本を臀部に挿して

 

盛りっとしているかをチェックしてみてください。

 

臀部の右と左の盛りっとした感じを比べてみてください。

 

膝が内側に入る足は、お尻の筋肉が盛りっとしてないで薄っぺらですね。

 

 

ちょっとしたことで、自分の体の問題点をチェックできます。

 

ドンドン試してください。そして、自分の体を把握してください

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。