土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 腰、膝、ランナーのパーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【いつでもお尻を引く】91

 


つくば、土浦で活動する「美姿勢」筋トレ専門

パーソナルトレーナーの磯塚です。

 

週1回、3か月のパーソナルトレーニングで姿勢を改善し、

お腹が凹んだ美姿勢で肩こり腰痛のないカラダと

美しい姿勢で若々しく健康に豊かに生活する

知識と習慣をご提供します。

 

 

 

日頃、お尻を引くことを意識していますか

 

椅子に座るとき、立つとき

 

階段を上るとき、降りるとき

 

床から物持ち上げるとき、下ろすとき

 

お尻を引く、お尻を後ろに移動させると、

 

上半身が前に傾くので、それを支えようとして、

さりげなく腹筋が働き出します。

 

臀筋も傾いた上半身を支えようとして、

さりげなく働き出します。

 

お尻を引くことで臀筋や腹筋がさりげなく、しっかり機能します。

 

なぜ、機能するかといいますと、お尻を引くことで骨盤が床に対して垂直に立ちます。

 

骨盤が床に対して垂直に立つと腰椎(腰の骨)が正しく、真っ直ぐ骨盤の上にのります。

 

腰椎(腰の骨)が正しく骨盤の上に乗ると、腰椎や骨盤についている筋肉、腹筋群が正しく機能します。

 

お尻を引かない姿勢で、つまり骨盤が後ろに傾いた状態で椅子に座っていたり、重い物を持ったりすると腹筋群、臀筋群がちゃんと機能せず、背筋群や腿などの他の筋肉を優位に使いその筋肉に負担をかけてしまいます。

 

それが続くと癖になってしい姿勢や動作不良の原因となってしまします。

 

日常の生活であまりお尻を引くことは意識しないと思います。

 

でも、ちょっとだけ意識してお尻を後に引くことで、骨格が正しい位置になり、筋肉がしっかり働きます。

 

筋肉がしっかり働くと美しい姿勢をしっかりキープできるようになります。

 

そして、本来使うべき筋肉、機能すべき筋肉がさりげなく働き出します。

 

椅子に座るときはお尻を引き、椅子の奥に座るようにして、立ち上がるときは股関節を支点とし体を前に倒しから立つようにします。

 

階段を上るときも、お尻を後ろに突き出すようにして、腿の付け根股関節から足を延ばすようにして、一段一段登ります。

 

床から荷物を持ち上げるときは、お尻を後ろに引き膝を曲げ、腰が曲がらないようにして持ち上げます。

 

少しだけお尻を引くことを意識し始めると、日常生活において、いろんな場面で腰を引くと良いことに気づきます。

 

なので、ドンドンお尻を引き正しい姿勢で正しく体を動かすようにしてください。

 

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

美しいカラダとココロを「美姿勢」の筋トレとピラティスで

全力サポートします!

 

Triple-Body 磯塚一真

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。