土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 腰、膝、ランナーのパーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【強い肩をつくるエクササイズ】202

 


茨城県かすみがうら市土浦市で活動するパーソナルトレーナー

磯塚一真(いそづか かずま)です。

 

10年後も腰痛や膝痛に悩まされない、

痛みのない軽やかな身体づくりをサポートしています。

 

 

今回は四十肩、五十肩の予防、再発防止のためのエクササイズをご紹介します。

 

お客様から、腰や膝の相談をよく受けるのですが、肩のご相談もよく受けます。

 

肩の裏が痛くなる。ジワジワする。

 

手をあげる時にひっかかる感じがする。

 

手を伸ばしにくい。

 

などの声を聞きます。

 

強い痛みが出て動かすの辛いときは診察にいくといいのですが、強い痛みではないが違和感と言ったれべるのなら肩を正しく動かし上げるのがいいです。

 

首こり、肩こりが酷い方は肩甲骨と上腕骨の正しい動きができず、知らず知らずのうちに肩関節周囲の小さい筋肉を使わなくなっている方が多いです。

 

上腕骨(腕)と肩甲骨を正しく動かしてあげるのが大切です。

 

違和感、ひっかかるの症状ならまだ間に合います。

 

痛みが強くなって“夜に寝れない”となる前に肩関節や体幹を上手に使い、肩の痛みの予防をしましょう。

 

以前、肩の痛みに悩まされた方は再発防止をシッカリしましょう。

 

 

今回のエクササジイズは下記の効果があります。

 

★五十肩の予防、再発防止

 

★全身の使い方

 

★肩に負担をかけない手の使い方(腹筋群と肩関節周囲筋の連動)

 

難しいエクササイズですが。覚えると全身運動でもあるので、継続する習慣をつけてみましょう。

 

強い肩をつくるエクササイズ

軽いダンベルまたはペットボトルを持つ、右手を天井に向けて伸ばす、右膝を立てる

 

右手を伸ばしたまま左手を使い体を起こす

 

右手を伸ばしたまま体を垂直に起こす

 

左手右足を床につけたまま、体を横に倒し左足を後ろに引き膝をつく

 

左手を床から離し体を起こす。左足の爪先を後ろに移動ずらす

 

片膝立ちから立ち上がる。常に右手は天井にむけ垂直に伸ばしておく

 

動画ターキッシュゲットアップ 

 

★片方の手は常の天井を向いて床と垂直

 

★立ち上がったら、逆の動きをしながら仰向けになる。

 

まずは1つ1つの動きを正確に行うようにしましょう。

 

回数は8〜10回を目安にするといいです。

 

楽しみながら試してください。

 

 

慢性的な痛みや姿勢のことでご不明な点がありましら、遠慮なくご連絡ください。

 

お問い合わせ、ご質問はこちら

 

 

ホームページのアドレスをお気に入り登録、

またはフェイスブック、インスタグラムを登録して頂くと

詳細をいち早く受け取ることができます。

 

トップページ
https://triple-body.com

 

Triple-Body 公式フェイスブック

フェイスブックはこちら

 

Triple-Body 公式インスタグラム

インスタグラムはこちら

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ