土浦 姿勢  パーソナルトレーニング

つくば土浦 腰、膝、ランナーのパーソナルトレーニング

個別指導の筋トレとピラティスで腰、膝の痛みを改善し、安心と自信と喜びに満ち溢れた生活をサポート

【ランナーが足底筋膜炎になったときのエクササイズ】199

 


茨城県かすみがうら市土浦市で活動するパーソナルトレーナー

磯塚一真(いそづか かずま)です。

 

10年後も腰痛や膝痛に悩まされない、

痛みのない軽やかな身体づくりをサポートしています。

 

ランナーが足底筋膜炎になった時の運動アプローチ

ランニング障害の1つとして、足底筋膜炎があります。

 

いつも以上に長く走りすぎたり、スピードを出しすぎたりすると足裏が痛くなる症状です。

 

痛みがでた足裏の筋肉や筋膜をケアする方法として、タオルギャザーやゴルフボールコロコロはよく紹介されています。

 

少し長めに走ったときや、ポイント練習でスピードを出して走ったときなど、足裏の筋肉や筋膜に負担をかけたときは良くやって頂きたいケア方法です。

 

そして痛みや再発防止のためには、足裏に負担をかけた後にケアするだけではなく、ランニングの負担に耐えられるように足裏の筋肉を鍛えておく、機能するようにしておくことも大切です。

 

足底筋膜炎の予防&う再発防止エクササイズ 立位片足

 

足底筋膜炎になる人、アスリートやランナーの特徴として足裏のアーチがないことです。

 

片足で立った状態、自分の体重がのった状態で足裏の筋肉を機能させアーチをしっかりキープすることが大事です。

 

足底筋膜炎を防ぐ、再発防止のためにもぜひ実践してみてください。

 

片足で立つ股関節を支点として頭を出すようにして身体を倒す。。

1、まずは正面に体を倒す。20〜30回ぐらい繰り返す。

動画はこちら→足底筋膜炎立位1

 

 

 

2、股関節を支点として体の向きを変え頭を前にだして体を倒す。

20〜30回ぐらい繰り返す。

動画はこちら→足底筋膜炎立位2

 

 

3、股関節を支点として体の向きを変え頭を前にだして体を倒す。

20〜30回ぐらい繰り返す。

動画はこちら→足底筋膜炎立位3

 

こまめに、チョコチョコ実践してみてください。

 

走る前に行っても効果的ですね。もし片足でバランスを崩してしまうのなら、臀筋などにも問題があるかもしれません。

 

シンスプリントにも有効なエクササイズです。

 

ぜひぜひトライしてみてください。

 

 

 

 

慢性的な痛みや姿勢のことでご不明な点がありましら、遠慮なくご連絡ください。

 

お問い合わせ、ご質問はこちら

 

 

ホームページのアドレスをお気に入り登録、

またはフェイスブック、インスタグラムを登録して頂くと

詳細をいち早く受け取ることができます。

 

トップページ
https://triple-body.com

 

Triple-Body 公式フェイスブック

フェイスブックはこちら

 

Triple-Body 公式インスタグラム

インスタグラムはこちら

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

 

代表兼パーソナルトレーナー
磯塚一真(いそづかかずま)

トリプルボディーのホームページにお越し下さり、ありがとうございます。
代表の磯塚と申します。
安心・親切・丁寧な指導でお客さまの痛みと姿勢改善をサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

指導方針
お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームよりお気軽にどうぞ。pink_maru

電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、トレーニング中に付き出られないこともございます。
初めての方は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。

軽やかな身体になるブログ
カテゴリー
アーカイブ
軽やかな身体になるブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。